ABOUT

I KAGATTE(アイカガッテ)は、手まりに込めた想いを通して、
励ます・癒す・感謝する・応援する活動をするため、
代表の浩未が立ち上げた手まりブランドです。

「I」には英語で「私」のアイ、それから「愛」という意味が込められています。
「KAGATTE」には、針と糸で縫うことと同義の「かがる」を語源としています。
ロゴには、浩未が一番大好きな模様の「麻の葉」をあしらい、
人から人へ送る意味で2つ並べています。

手まりという球体の世界に、糸の色や本数・模様しだいで、
無限の表現ができます。
お客さまから預かる想いを、ギュッと詰めて、
1つ1つ丁寧に、「愛かがって」手まりを作ります。
大切なひとや自分へのギフトに、手まりを贈りませんか?

I KAGATTE(アイカガッテ)は、手まりに込めた想いを通して、励ます・癒す・感謝する・応援する活動をするため、代表の浩未が立ち上げた手まりブランドです。

「I」には英語で「私」のアイ、それから「愛」という意味が込められています。「KAGATTE」には、針と糸で縫うことと同義の「かがる」を語源としています。ロゴには、浩未が一番大好きな模様の「麻の葉」をあしらい、人から人へ送る意味で2つ並べています。

手まりという球体の世界に、糸の色や本数・模様しだいで、無限の表現ができます。
お客さまから預かる想いを、ギュッと詰めて、1つ1つ丁寧に、「愛かがって」手まりを作ります。大切なひとや自分へのギフトに、手まりを贈りませんか?

 初めまして、浩未(Hiromi)です!
普段は銀行員で、WEBマーケティング業務に従事しています。手まりに魅せられ、自身の手まりブランドを開業しました!

 なぜ手まりなのか?それは、手まりには人の心を動かす魅力があるからです。

 コロナ禍で、人生が大きく変わるショッキングな出来事がありました。しかし、無心に手まりを作りながら、心が救われました。もともとは、おうち時間に趣味で始め、見るのも作るのも大好きでしたが、手まりを通して出会った人々や出来事に助けられ、その経験から、手まりには人の心を動かす魅力があると実感するようになりました。そして、「大好きな手まりを通して、今度は自分が誰かの気持ちに寄り添いたい」と思うようになり、起業を決意します。手まりの持つ不思議な力を借りて、人々の想いを運ぶお手伝いをする生き方を模索しながら、私自身もまた、イキイキと過ごして人生を豊かにしていきたいと考えています。 

 最後に、手まりは日本の伝統工芸品の一つでもあります。昔は全国各地にあったそれぞれの地域の手まりも、作り手が少なくなってきているそうです。I KAGATTEの活動を通して、美しい日本の伝統を後世に残す一助にもなれば幸いです。

I KAGATTE 代表 
浩未

想いをギュッと詰めて1つ1つ丁寧に作ります。
詳しくはカタログページをご覧ください。